浜松で輸入住宅を予定している場合は

subpage01

浜松で輸入住宅を予定している場合は創業1927年、設立1954年の一戸建ての輸入住宅、並びに不動産仲介業や賃貸管理業を行っている会社があります。

輸入住宅は外観や屋根の形、外装の色彩も魅力的で、アール状の窓や建具類が大きくてゆとりのようなものを感じさせてくれます。
浜松の輸入住宅は北米から入って来たツーバイフォー工法であり床や壁、それに天井や屋根などが面によって構成されている為にマッチ箱のように頑丈でこれまでの大地震についてもその耐震性能が実証されて来ています。

しかも台風時にはハリケーンタイという煽り止めが屋根の固定金具として使われるので強風で屋根が持って行かれる心配がありません。

知って得する磐田の輸入住宅のリゾートスタイル情報を利用しましょう。

耐久性や耐火性も強く気密・断熱性にも優れる為に防音や遮音効果と共に省エネ生活が期待できます。

日本経済新聞が気になる方はこちらへご来訪下さい。

敷地に余裕があれば容積率や建蔽率の範囲以内で増築することも可能です。



木材なのに耐火性能に優れるわけは壁に火災が燃え移ってもファイヤーストップ材の仕様である為に火災の通り道を塞ぐシャッターの役目を持つからです。浜松のツーバイフォー住宅は木が本来持っている温もりとかが癒しの効果を持ち安らぎも感じさせてくれます。

基礎工事は床下からの湿気を防ぐために防湿シートが敷かれ、布基礎ではなくべた基礎が採用されています。


日本国内においてはツーバイフォー工法は約30年の歴史があり、これまでの着工棟数の約2割はこの工法で建てられて来ています。自由度も高く予算や希望にそった個性的でかつ魅力的な外観デザインも実現可能です。