磐田で輸入住宅を予定する場合

subpage01

磐田市は静岡県の西部に位置する人口約16万6千人の地域です。



古代には政治文化の中心都市として栄え、江戸時代には宿場町があったことでも知られ、現在は輸送機器をはじめとする工業都市として発達して来ています。磐田市には輸入住宅を手掛ける会社があります。

輸入住宅というと建築雑誌にも登場し、外観も落ち着きがあり内装も清々しい感じがして魅力的で人気でもあります。

まず見学会が行われているのでこれに参加することで在来工法との違いも分かり参考になるものです。

極寒の地であるとか砂漠地域とかの寒暖の差が激しい厳しい自然環境の中で生み出されたもので、家族を守る耐震性能や快適性、防犯性能、そして高気密・高断熱性による省エネ性能などに優れています。

浜松の輸入住宅のモデルハウスのサイトが登場しました。

磐田で輸入住宅を建てる場合には耐震性についてはツーバイフォー工法がとられ床や壁、天井や屋根がマッチ箱のような面として働くので揺れや風、地震にも強い構造になっています。

高気密・高断熱性については国際水準を満たす快適性を備え、室内は外気温に左右されないようになっています。


よって冷暖房負荷も少なくて光熱費の節約に結び付き省エネ効果を発揮します。

窓にも遮音性や断熱性能が求められますがデザインにも優れた窓が採用されています。

ステンドグラスや建具、古風な家具、本棚などで異国に住むような雰囲気が味わえます。

有名な日本経済新聞の情報が必要なタイミングで手に入ります。

建材は自然の無垢材や漆喰、テラコッタなどが使用され、火事にも強く健康的で安らぎのある生活が送れます。

北米を中心とした多くの建材メーカーと提携して受注生産の輸入体制をとっていて確実な納期で届けられます。